ペットの歴史

ペットブームと呼ばれて久しい現代社会になりますが、そもそも「ペット」と言う考え方が生まれたのはいつの時代からなのでしょうか。気づけば、人間と共に生活を送るようになっているのがペットですが、そいの歴史を紐解くと実は人間とは密接な関係にある事に気付かされます。
家畜という点で言えば、およそ3万年前の石器時代の遺跡の中に家畜の飼育跡が見つかっているのです。また、狼の家畜化が3万年から1万5千年の間で行われたのではないかと言われています。

そして5000年前のエジプトでは、ピューマの例もありますし、南米ではインコやサルを飼っていたともされています。このように、ペットの歴史はとても長いものがあるのです。「ペットブーム」と称されるようになったのはここ10年、15年というレベルの話ではありますが、人類の歴史を紐解くと、そこには常にペットがいたと言っても決して過言ではないのです。ですがペットと言っても様々なタイプがあります。犬を飼っている人もいれば、猫を飼っている人もいますし、世界的な歴史はもちろんですが、日本の歴史をより詳しく知りたいという人も多いのではないでしょうか。

先にも出たように、ペットはもともと家畜だったものが次第に「ペット」としての特性を持つようになっていったのです。これにより、ペットの存在というのはより人間に近いものとなっていくのですが、その歴史もまた、人間同様様々なものがあったのです。

▼外部リンク▼
愛犬家の方に人気のある無添加ドッグフードの通販サイトです → ドッグフード

Copyright © 2014 ペットと人の歴史 All Rights Reserved.